緑葉

好きな事ばかりしたくなる

花畑

周りにも影響が出る

依存症の種類の一つに行為依存症があります。行為依存症は自分にとって好きな事ばかりを行なうようになる症状の事であり、代表的な依存行為としてギャンブル依存症があります。ギャンブル自体を好きで楽しむのは問題ないのですが、ギャンブルをしたいがばかりに仕事などをサボってしまう、賭け金が無いので借金をしてしまうなどの症状が出た場合は周りにも迷惑をかけてしまうので注意しましょう。

ギャンブル依存症になってしまう要因

ギャンブル依存症になってしまう原因の最大の要因は勝った時の嬉しさにあります。特に大金を得てしまった時の反動は大きいのです。私達が資金を入手するためには働くのが一般的ですが、何時間働いてやっと大金が手に入ります。汗水流して入手したお金は重みがありますが、ギャンブルで同じような金額が入手出来た場合はどうでしょうか。一瞬にして大金を入手したのであれば、働いてお金を稼ぐのが馬鹿らしいと感じてしまう人も増えてしまいます。また、一度勝利の味を覚えてしまっていますので、負けてしまっても買って取り戻せば良いという思考になってしまう可能性が高いのです。この行動を繰り返す事によって、感覚が麻痺状態となってしまい、勝ってしまえば全て帳消しに出来ると思い込んでしまいます。そのため、負けた状態で辞める事が出来なくなり、借金しても勝って返せば良いとさえ考えてしまいます。さらに、勝った瞬間はドーパミンなども活発になっていますので、興奮状態に陥りやすく、いつも以上にハイな気分となります。これが癖となる場合もあり、そのままギャンブル依存症へと進行してしまう可能性もあります。ハイリスク・ハイリターンが楽しくなり、行為依存症となってしまうのです。

治療する方法はギャンブルを辞める事

ギャンブル依存症解消するにはギャンブルを辞めた生活をするしかありません。毎日に刺激が足りていない可能性が非常に高いですので、新しい趣味などを見つけ、一緒に楽しんでくれる仲間を見つけて行動を共にすると治療しやすくなります。自分の周りにギャンブル依存症患者を出さないためにも、日頃からのコミュニケーションを大切にして行動した方が良いでしょう。ギャンブル以外の楽しみを見出せる様に行動を共にし、ギャンブル以外の熱中出来る何かを一緒に模索してあげるのが効果的です。日頃からの不満や悩みなどは思わぬ原因となりかねませんので、日頃からストレスや不安などが溜まらないような環境をお互いに作る事が大切となります。コミュニケーションを多くとって、楽しい時間をなるべく多く共有する事を目標としましょう。
万が一にもギャンブル依存症の症状が見られる様になったのであれば、早い段階から心療内科や精神科に通わせるようにしましょう。症状がエスカレートすればするほど治療にかかる時間も長くなりますので、早めに治療した方が効果的なのです。専門家によって精神的な不安を解除してあげるだけでもかなり効果的ですので、重症患者になる前に周りの方々が気づいてあげましょう。