緑葉

アルコールやタバコに依存する

お酒

物質に依存してしまう

依存症には種類がありますが、その中でも物に依存してしまうタイプを物質依存症と呼ばれています。物質依存症として良くある症状が、アルコールやタバコ(ニコチン)、薬物などに依存する傾向が高いです。日常生活で絶対に必要な存在となっていますので、これらの物質がなくなってしまうと禁断症状が出てしまう可能性も出てきます。脳と行動のどちらの病気でもありますし、症状がひどい場合は自分一人で解決するのが難しいとされています。特にアルコールに依存する傾向がある人が多く、簡単に入手出来て飲んでいても罪の意識がないのでアルコール依存症となる人も多いのです。アルコールの摂取中は、脳内で特殊な状況となってしまい、アルコールが再び欲しくなるような状況が出来上がってしまいます。アルコール摂取中の気持ちは寛大な状態となっており、感受性が高まっている状態が続きます。探索したい欲求が高まり、お酒が切れないように探し回る可能性が高いので、一度発症してしまうと急スピードで酒に飲まれてしまうのです。性格や人格も原因の一つと考えられていますが、化学的にも解明されている部分が多いですので、性格や人格だけが悪いとは一概に言い切れなくなっています。一度辞めたとしても再燃してしまう可能性が非常に高いとされており、性格的にも凶暴化してしまうので適切な場所で治療するのが最適とされています。

アルコール依存症の症状

アルコール依存症による症状としては、ゆっくりなスピードで進行している可能性が高いことが挙げられます。お酒の飲み方や精神状態によっては一気に症状が出る可能性もありますが、基本的にはゆっくりと進行します。お酒を飲む量が少しずつ増えたり、飲酒する機会が増えたりする事によってアルコールに依存しやすい体質へと変わっていきます。
症状としては主に二つあり、摂取行動と探索行動があります。摂取行動は飲むサイクルなどが決まってくる症状の事であり、お酒を飲んで寝て、起きたら飲酒が始まります。アルコールが常に身体に回っている状態となり。酔っ払っていない期間がどんどん少なくなっていきます。
摂取行動が高まると同時に探索行動も高くなります。探索行動とは、お酒を入手するために行なう行動の事であり、お酒を入手するためにありとあらゆる行動に出てしまいます。借金やだまし、飲み逃げや隠蔽など、お酒が常に手元にあるように工夫し始めます。人によって行動パターンが異なりますが、基本的に凶暴な性格になりやすいので危険性が高まります。これらの症状が出ている場合は末期症状に近いですので、早めに専門期間に連れて行きましょう。自分では行けない状態である事がほとんどですので、周りの方々が協力して連れて行くしかありません。

治療方法は一つだけ

アルコール依存症を治療させる方法は唯一無二とされており、断酒する以外の方法はありません。そのため、アルコール依存症の方にとってはかなり厳しい時期となりますので、お酒が飲めないという事実と向き合わなければなりません。禁断症状の場合は、性格が凶暴的になっている可能性も高く、探索行動に出たがるかもしれませんので、周りに被害を出さないためにも専門機関で治療した方が良いでしょう。専門期間では、断酒出来るようなカリキュラムや施設が整っていますし、治療のエキスパートの方もいますので安心出来ます。専門機関のよって行なうプログラムや治療機関、方法などが異なりますので、予め調べてから入院させるようにすると患者にとっての良い環境が選べます。早めに解決した方が治るスピードも早いので、末期症状になる前に治療するよう心掛けて行動しましょう。