草原

ピックアップ

アルコールやタバコに依存する

お酒

物質依存症はアルコールやたばこ、薬物のように物質に依存してしまいます。依存した物質が中心の生活になり、探索欲求や摂取欲求などがかなり高まっているので、重症化すると入手する手段を選ばなくなります。早めに治療しましょう。

好きな事ばかりしたくなる

花畑

行為依存症の代表的な症状としてギャンブル依存症があります。ハイリスク・ハイリターンが楽しい時間となり、生活に刺激を求めるようになります。対策をするのが一番良い方法なので、互いに依存症にならないように気を配りましょう。

人に依存してしまう

医者

人と共と一緒にいるに依存してしまう事を共依存と呼びます。特徴としては、相手の事を考えすぎてしまうためにコントロールしたり、面倒を見すぎてしまったりします。互いに対等な関係になるようにすると良いでしょう。

mindcare

主な症状と原因

元気

依存症には種類があり、アルコールや薬物にハマってしまう物質依存、ギャンブルなどの没頭するギャンブル依存症、人といる事で落ち着いてしまう共依存などがあります。それぞれにハマってしまう物や事柄が違っており、ハマってしまう原因もそれぞれに違いがあります。ハマってしまう主な特徴として、やらずにはいられなくなる脅迫的要因、好きな事ばかりを繰り返してしまう反復的要因、やりたい事をすぐに実行してしまう衝動的要因、好きな事をとことん追求してしまう貪欲的要因の四種類が主にハマってしまう要因となっています。

依存症の症状のタイプも主に四種類とされています。身体上の問題としては、アルコールや薬物によって身体がボロボロになってしまいます。肝臓や脳への影響もかなり大きいですので、命を危険にさらす様な症状も多くなっています。症状が重くなるにつれて、身体のあちらこちらでダメージを与えてしまいますので、早めに治療しなければ身体への影響もどんどん悪化してしまいます。
二つ目は人間関係であり、イライラや暴言、暴力などの行動に出やすくなってしまいます。自分の感情が上手にコントロール出来なくなってしまいますので、人との関係性が保てなくなります。親しい人とも疎遠になってしまう可能性もあるので、人間関係性を保てるようになりましょう。
三つ目は家族関係です。二つ目の人間関係の延長線上であり、自分の感情がコントロール出来ないばかりに、パートナーや親にも迷惑をかけてしまいます。ギャンブル依存症の場合は、借金などをしてしまう可能性もありますので、家族への負担が大きくなってしまいます。
四つ目は社会的問題です。依存症になってしまったばっかりに、金銭面や精神面などにも影響を与えるので、職場や周りの人々にも悪影響を与えてしまいます。住居や雇用問題とダイレクトに関わりがありますので注意しましょう。
症状には色々なタイプがありますが、どちらにしても自分以外の人にも迷惑をかけてしまいます。依存症にならないのが一番大切な事ですので、関わりのある人々が協力して依存症にならないようにするのが一番効果的な方法です。普段からのコミュニケーションなどを大切にしましょう。